トップ>ニュース>ニュース 2017年>博報堂キャリジョ研、20,30代の働く女性(キャリジョ)の意識調査を実施(2017年03月23日)

博報堂キャリジョ研、20,30代の働く女性(キャリジョ)の意識調査を実施(2017年03月23日)



「キャリジョ」の実態は…
・9割以上が「女性が働くことは自然」と回答
・転職・副業にも抵抗なし!キャリア形成に意欲的。
・66.3%が「女性からプロポーズしてもいい」



株式会社博報堂(本社:東京都港区、代表取締役社長:戸田裕⼀)は、博報堂および博報堂DYメディアパートナーズの⼥性メンバーによる活動「博報堂 キャリジョ研」rink.jpgにて、20〜30代の働く⼥性(キャリジョ)に関する調査研究を⾏っています。
このたび、「キャリジョ」についての意識・行動調査を実施し、興味深い結果が得られましたのでお知らせいたします。


1月末に総務省より発表された労働力調査によると、15~64歳の女性就業割合は66.0%と過去最高値を記録しています。
中でも、25~34歳女性の伸び率が高く、73.9%が就業している実状です。
女性活躍推進法施行から2年目を迎え、今後もこの傾向は拡大していくと推測されます。


今回、22~39歳の働く女性437名を調査した結果、9割以上が「女性が働くのは自然」と思っていること、転職・副業にも抵抗がなく、キャリア形成に意欲的なこと、また、結婚においては「女性からプロポーズしてもいい」と6割以上が考えているなど、さまざまな特徴が浮かび上がりました。


今後も博報堂は、「キャリジョ研」を通じて、働く女性の生活・消費意識を研究し、マーケティング活動の一助として役立ててまいります。


「キャリジョ調査」結果サマリー



■今どきキャリジョの仕事観。
9割以上が「女性が働くことは自然」
と回答。

「今後も仕事をしていくと思う」は94.6%
理由は「生きていくためのお金が欲しいから」「自分の好きに使えるお金が欲しいから」


「可能なら副業してみたい」と7割以上のキャリジョが回答。
また、6割近くは「転職することに抵抗がない」
仕事のために資格や語学を習得したい(したことがある)キャリジョは63.4%


■OLという言葉、7割以上が「時代に合っていない」と回答。
でも、「女子会」「女子力」という言葉が「時代に合っていない」と回答したキャリジョは36.2%に留まる。


■キャリジョの結婚観。「恋愛と結婚は別物である」と、6割が回答。
また、66.3%が「女性からプロポーズしてもいい」


■キャリジョのデジタルライフ。「SNSで自分の生活が変化した」と3割が回答。
「ファッション雑誌よりSNSを参考にする」は36.6%
「ハッシュタグ検索など、SNS検索をする」キャリジョは28.4%



⇒詳細のレポートはこちらpdf_ico_01.gif