トップ>ニュース>ニュース 2017年>博報堂こそだて家族研究所、いまどきのママに実態を調査:ママリサ~いまどきママリサーチ~「ママのストレスとトキメキ」調査(2017年09月11日)

博報堂こそだて家族研究所、いまどきのママに実態を調査:ママリサ~いまどきママリサーチ~「ママのストレスとトキメキ」調査(2017年09月11日)



博報堂こそだて家族研究所rink.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像は、インターネット広告・メディア運営事業の株式会社インタースペースと協働で、インタースペース社が運営するママ向けコミュニティサイト『ママスタジアム』(http://mamastar.jp/rink.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像)にて、『ママリサ ~いまどきママリサーチ~』を行っています。


この度、「ママのストレスとトキメキ」に関する意識と実態を調査いたしました。
ストレスを感じている人はどのくらいいて、なににストレスを感じているのか、反対にトキメキを感じている人はどれくらいいて、なににトキメキを感じているのか、など興味深い結果が得られましたのでご報告致します。


<主な調査結果のポイント>


■普段「ストレス」を感じているママたちは約9割。その主な要因は「育児」「パパ」「金銭面」「家事」。


■「ストレス」を発散させるために何かしているママは約3割。
   何かしたいのに何もできていないママが6割以上。
   発散方法TOP3は、「趣味などの好きなことをする」「買物をする」「友人や家族などに愚痴る」。


■「トキメキ」が必要と思うママは、約9割。
   しかし、「トキメキ」を感じているママは、5割に満たない。


■トキメキを感じている対象は、「息子」「娘」「有名人」。


■ママたちが感じる子供への2大「トキメキ」ポイントは、「笑顔」と「寝顔」。


■パパに「トキメク」のは、「子供と楽しそうに遊んでいるとき」「家事や育児を積極的に手伝ってくれたとき」。


詳細の調査レポートはこちらpdf_ico_01.gif