トップ>ライブラリ>セミナーレポート>「買い場」づくりを実現する次世代リテールマーケティング~残された棚スペースを獲得するための「チームセルイン」~(2016年12月07日)

「買い場」づくりを実現する次世代リテールマーケティング~残された棚スペースを獲得するための「チームセルイン」~(2016年12月07日)

小売流通業は今、厳しい競争にさらされています。
「どこにでもある」品揃えや売場づくりから脱却するために、小売流通事業者は何をすればいいのか。
小売流通業のバイイングパワーが強まる中で、メーカーはどう棚を確保していけばいいのか──。
このセミナーでは、小売流通業の生き残り戦略を提言するレポート 「リテール・フォーキャスト2016」の内容と、メーカーの棚確保戦略を提案するチーム「チームセルイン」の活動を紹介しながら、リテールマーケティングの最新状況が語られました。


20161207_yamamoto.jpg  20161207_tutumi.JPG


博報堂 ショッパー・リテールマーケティング局
リテールマーケティング部 ストラテジックプラニングディレクター 山本 哲夫
(写真左)


博報堂プロダクツ 店頭プロモーション事業本部
店頭プランニング部 プランニングプロデューサー
堤 明子
(写真右)


1 、流通を取り巻く環境変化


進む「オーバーストア化」と「小商圏化」


日本の小売業の市場規模はやや停滞局面にあり、消費マインドは節約志向にあります。
周知のとおり、日本の人口はすでに減少局面に入っていますが、小売店舗の数は増え続けています。 いわば「オーバーストア」状態になっているということです。 業態別に見ると、総合スーパーやホームセンターなど、大商圏で広域集客を行ってきた店舗が苦戦していて、コンビニエンスストアやドラッグストアなど、小商圏型の店舗が伸びています。 これは、欧米にも共通して見られる現象です。
オーバーストアが進む環境下で、店舗は「小商圏型」となり、いよいよタフな戦いを迫られている──。 それが現在の小売業を取り巻く状況と言えます。


「業態を超えた競争」を勝ち抜くために


BtoCの通販分野では、品目別に見ていくと、食品、飲料・アルコール等が急成長していることがわかります。 これはリアル流通の主戦場となる領域の品目です。 これらの品目でEC化がさらに進めば、リアル流通の脅威がさらに拡大します。 また、小売業は取扱品目を拡大することで成長してきており、例えば、スーパーとドラッグストア、コンビニと外食、リアル流通とECなど、「業態を超えた競争」が加速しているのが実情です。 そのような「業態を超えた競争」を勝ち抜くためには、どのような取り組みを進めていけばいいのでしょうか。 ここでは、4つのポイントを挙げておきたいと思います。


続きは、セミナーレポート ダウンロード版にて公開!


dl_botan.png


講師プロフィール

山本 哲夫(やまもと てつお)

博報堂ショッパー・リテールマーケティング局リテールマーケティング部
1995年博報堂入社。一貫して企業のマーケティング業務に従事。コンビニ、飲料・食品、電機メーカー、自動車、住宅・不動産、保険・金融機関など、幅広い業種の企業におけるトータル・マーケティング活動に関与。
<近年の主な業務内容>
コンビニMD提案、中食コミュニケーション戦略立案、PDCA体制の構築提案
買い物行動KPIに基づくトータル・マーケティング推進
ショッパー行動観察に基づく売場改善プロジェクト
生活者の「行動デザイン」視点による商品の利用・購買シーンに基づく商品開発
大量の会員データ分析の購買実態に基づくダイレクト・マーケティング
IT企業との協業によるデジタルマーケティング推進

堤 明子(つつみ あきこ)

博報堂プロダクツ店頭プロモーション事業本部 店頭プランニング部
プランニングプロデューサー
2007年~、博報堂プロダクツでプロモーションプランナーとして販促プロモーション企画全般を手掛ける。2012~13年、大手総合食品卸に出向。中間流通の現場で、小売業本部に対する売場提案や52週MD販促企画に携わる。2014年より店頭プロモーション事業本部配属。流通知見を活かした店頭プロモーション提案を数多く手がける。その後、プランニングプロデューサーとしてメーカーのフィールド業務にも携わり、メーカー視点の売場販促計画や、店頭商談資料の作成、現場ディレクション、POSなどによる効果検証など、さまざまな店頭業務を手掛ける。2016年7月より、メーカーの流通に対するセルイン課題に応える社内プロジェクト「チームセルイン」参加。