トップ>ライブラリ>セミナーレポート>"生活者データ・ドリブン"マーケティングを加速させる、最新ソリューション実践例(2017年01月25日)

"生活者データ・ドリブン"マーケティングを加速させる、最新ソリューション実践例(2017年01月25日)

データ分析、ターゲットのプロファイリング、タッチポイントに関するシナリオづくり──。
そういったマーケティング活動から発見された生活者のインサイトを、コミュニケーションやクリエイティブに適切に反映させていくにはどうすればいいのでしょうか。
この日のセミナーでは、さまざまなデータを連携させ、プラニングとマーケティングアクションをシームレスにつなげる“生活者データ・ドリブン”マーケティングの実践例が紹介されました。


20170125_shimano.jpg 20170125_tokuhisa.jpg


博報堂 データドリブンマーケティング局
生活者データマーケティンググループ グループマネージャー 島野 真
(写真左)


博報堂 生活者データマネジメントプラットフォーム局
データマネジメントプラットフォーム開発部長 徳久 真也
(写真右)


デジタルトランスフォーメーションの時代


博報堂は、従来のメディアプランニングやマーケティングに、新しいテクノロジーや生活者データを組み合わせて戦略を立案する実践型組織「データウィングス」を2014年に立ち上げました。
今日は、その組織の「データマーケティング戦略ユニット」の担当者が、最新ソリューションをご紹介します。


現在、デジタルやITによって世の中の仕組みが大きく変化する「デジタルトランスフォーメーションの時代」を迎えています。
デジタルトランスフォーメーションは、「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でよりよい方向に変化させる時代」と定義されていますが、マーケティングの視点から見れば「あらゆるタイミングや場面で、さまざまな機器を通じて、各種のデータが活用され、マーケティングが革新される時代」であると言えます。鍵を握るのは、データの徹底的な活用です。


続きは、セミナーレポート ダウンロード版にて公開!


dl_botan.png


講師プロフィール

島野 真(しまの まこと)

博報堂 データドリブンマーケティング局 生活者データマーケティンググループ グループマネージャー

博報堂入社後、主にマーケティングセクションに在籍し、通信サービス、酒類、自動車、家電、飲料、ネットサービス、事務機器、重電等の業種の得意先を担当。
事業開発、商品開発、キャンペーン開発、ブランディング等を主領域として、多岐にわたる企業課題に向き合う。
その後、エンゲージメントプロデュース局アカウンタビリティ推進部部長として、マーケティング投資とその効果の関係性の明確化を推進。
現在はデータドリブンマーケティング局生活者データマーケティンググループグループマネージャーとして、各種のアクチュアルデータの活用と「生活者発想」を起点に、新たなマーケティングソリューション開発やそれらを活用した戦略企画を実践。
ネット利用環境やメディアの変化にともなって生活者の情報行動・購買行動が複雑化するなかで、全体最適視点でのデータ活用による統合マーケティングマネジメントの進化を目指す。

共著:2011 基礎から学べる広告の総合講座(日経広告研究所)

徳久 真也(とくひさ しんや)

博報堂 生活者データマネジメントプラットフォーム局DMP開発部長
経営コンサルティング会社を経て、2005年博報堂入社。以来、流通、通信、飲料、食品、自動車、電機機器メーカー等、50社を超える幅広い得意先のマーケティング
/事業戦略立案、総合コミュニケーション戦略立案、ブランディング、商品開発、キャンペーン開発業務等を担当。2016年より現職。生活者データを活用した新しいマーケティング×メディアソリューション開発に携わる。