トップ>ライブラリ>セミナーレポート>成長を促す、イノベーション・ドライバー~革新的な人材とプロジェクトを生み出すための仕組みづくりとは?(2017年02月09日)

成長を促す、イノベーション・ドライバー~革新的な人材とプロジェクトを生み出すための仕組みづくりとは?(2017年02月09日)

市場の成熟化や技術の進化にともない、従来通りのビジネスモデルや商材で現状を突破することはますます難しくなっています。
今やイノベーションは、すべての業界、企業、ブランドにおける共通テーマになっていると言っていいでしょう。
しかし、イノベーションを起こせる人材はまだまだ不足しているのが実情です。
この日のセミナーでは、イノベーションを実現し、その仕組みを継続していくための「人材育成×プロジェクト」のアプローチが具体的に紹介されました。


20170209_kusumoto.jpg
博報堂コンサルティング 執行役員 楠本和矢


「イノベーション人材」は育成できる


最近、「イノベーション」に関するご相談をよくいただきます。
よく耳にするのは、「スタッフからいいアイデアが上がってこない」「いいアイデアが出たとしても、数が非常に少ない」「プロジェクトメンバーを選んでも、アイデアが具体化したためしがない」といった声です。


イノベーション論の大家であるハーバード・ビジネス・スクールのクレイトン・クリステンセン教授は、「イノベーションに必要な資質は、後天的に育成可能である」という研究結果を明らかにしています。


昨今、イノベーションの必要性を意識しないビジネスリーダーはいない。
だが、それほどイノベーションが重視されているのに、それを実現できず苦労している企業が多いのはなぜか。
人材の問題だという人がいる。
イノベーションの実現に必要な資質を持ち合わせていない、と。
私はこの見解を認めない。
十分な訓練を受ければ、誰もが有能なイノベーターになれると私は考える。
平凡な人々が創造性を発揮し、画期的なアイデアを生み出し、世界的なイノベーターたちと同様の粘り強さを見せる例を、私は数えきれないほど目にしてきた──。
(出典:Harvard Business Review 2013年5月スコット D. アンソニー寄稿記事より)


クリステンセン教授はそう言います。
私たちも同じ意見です。
しかるべき 「場面」と「仕組み」があれば、イノベーターは育つと私たちは考えています。
問題は、それを企業側がどのようにして提供するかです。


続きは、セミナーレポート ダウンロード版にて公開!


dl_botan.png


講師プロフィール

楠本 和矢(くすもと かずや)

博報堂コンサルティング執行役員

神戸大学経営学部卒。
丸紅株式会社で、新規事業開発・育成業務を担当。
外資系ブランドコンサルティング会社を経て現職。
これまでコンサルティングプロジェクトの統括役として、クライアント企業に深くコミットする アプローチのもと、多岐にわたるプロジェクトを担当。
現在は執行役員として、重点クライアント企業のプロジェクト統括をはじめとした、
博報堂グループを横断した新規事業の開発と運営、及び外部企業とのアライアンス構築業務に携わる。

【著書】
「サービス・ブランディング」(共著:ダイヤモンド社 2008年)

【講師】
青山学院大学 専門職大学院国際マネジメント研究科 非常勤講師(2015年度、2016年度)
日本産業広告協会 BtoB広告大学講師(2009年度、2010年度、2011年度、2012年度)
日本貿易会 広報部会講師(2011年度)その他、社外セミナー講師  多数

【記事/取材等】
日立製作所 Executive  Online「グロースハックとは何か」全3回連載(2015年5月)
Web Designing 「好かれるサイトを科学する」(2014年8月)
産業広告「BtoB」 「新規事業開発はこう進める」全6回連載(2011年4月~10月)
ビジネスリスクマネジメント「インナーブランディングはこう進める」(2009年7月)等