デザインシンキングでビジネスを革新するスペシャリスト

岩嵜 博論(いわさき ひろのり)

株式会社博報堂 博報堂イノベーションデザイン ディレクター
ブランド・イノベーションデザイン局 イノベーションデザイン部 部長

博報堂において国内外のマーケティング戦略立案やブランドプロジェクトに携わった後、近年は生活者起点のイノベーションプロジェクトをリードしている。専門は、新製品・サービス開発、新規事業開発、UX戦略、ブランド戦略、マーケティング戦略、エスノグラフィ調査、プロセスファシリテーション。国際基督教大学(ICU)教養学部卒業、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了、イリノイ工科大学Institute of Design修士課程修了。

著書

『機会発見――生活者起点で市場をつくる』(英治出版)
『アイデアキャンプ――創造する時代の働き方』(共著、NTT出版)
『FABに何が可能か――「つくりながら生きる」21世紀の野生の思考』(共著、フィルムアート社)

View Point

岩嵜博論が考える「ユーザー中心イノベーションとデザインシンキング」

【自分の中に育てたハイブリッド性】

自分の自己紹介をする時、ハイブリッドバックグラウンドだと説明することがよくあります。大きく3つの柱でハイブリッドが構成されています。社会科学、デザイン、そしてマーケティングやブランディングを中心としたビジネスです。今取り組んでいるユーザー中心イノベーションやデザインシンキングと呼ばれる世界でもこうしたハイブリッド性が重視されています。

ここから先は会員登録またはログインが必要です。

ここから先の記事を読むには、会員登録または、ログインが必要になります。

  • 会員登録
  • ログイン

お問い合わせはこちら

ソリューションについて具体的にお知りになりたい方、今お持ちのニーズに合わせて博報堂からの提案をご希望の方はこちら
(お問い合わせにはログインまたは会員登録が必要です。)

お問い合わせ